Ahrefsのキーワードエクスプローラーで付与される上限数について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は、Ahrefs.comヘルプページの日本語訳です。
原文:Allowances in Keywords Explorer
(Si Quan Ong / 最終更新日:2019/2/4

Ahrefsの機能「キーワードエクスプローラー」で付与される、さまざまな「上限数」についてご案内するページです。

キーワードエクスプローラーに表示される、レポート取得などの「上限数」について、もっと詳しく知りたいですか?このページでご案内いたします。

デイリーレポートの上限数について

※ブラウザの別タブで画像を開くと、画像が拡大されます。

キーワードエクスプローラー(2019年2月4日時点、ベータ版Ver.3を公開しています)のデイリーレポートは、1つしかキーワードを入れなかった場合でも、たくさんのキーワードリスト(最大10,000)を入れた場合でも、「1レポート」としてカウントされます。

デイリーレポート(または日次レポート表記)の上限数は、お申し込み頂いているプランによって異なります。「料金とプラン」ページで、現在申し込んでいる、またはお申し込みを検討されているプランの「日次レポート数」の項目にて、1日の上限を確認してください。

※註:2019年2月現在、ライトプランは25回/日、スタンダードプランは100回/日、アドバンスドプランは200回/日、エージェンシープランは1,000回/日となっております。上限数は今後変更される可能性があります。本社公式サイトの「料金とプラン」ページをご覧ください。

https://ahrefs.com/ja/pricing

デイリーレポートの上限数を工夫して使うには

デイリーレポートの上限数に予想以上の早さで達することが無いよう、キーワード分析はリストを作成して一度にまとめて行うことをお勧めします。

バッチ分析のため、キーワードエクスプローラーにキーワードリストを入力した後は、そのキーワードに関連付けられているすべての指標(SERPの概要と掲載順位の履歴を含む)が表示されます。

※ブラウザの別タブで画像を開くと、画像が拡大されます。

これらのキーワードを分析し続ける(または「キーワード候補」レポートでキーワード候補をさらに探す)場合は、「デイリーレポート」を消費することはありません。

ただし、これらのキーワードに加えて、1つ以上検索するよう特別にリクエストした場合はデイリーレポートの上限数が減ります。ご注意ください。

SERP Updates(SERPデータの更新)

デフォルトでは、キーワードエクスプローラーはAhrefs本社のデータベースの中(4億7,300万ものうち)で、最も人気のある(月間検索ボリュームが多い)キーワードがキャッシュされたSERP(上位100件の検索結果)を表示します。

このSERPは、キーワードの人気度に応じて、数時間から数週間前のキャッシュが取得されます。人気の高いキーワードほど、キャッシュの頻度は高くなります。

もし、特定のキーワードで、現在上位10件のSERPを見る場合は、「Update(または更新)」ボタンをクリックしてください。

※ブラウザの別タブで画像を開くと、画像が拡大されます。

新しいSERPのキャッシュとともに、キーワードの難易度(KD)を再計算し、キーワードの上位トピックを更新します。どちらも上位10件にランキングしているページに依存します。

※注:他の全ての指標(検索ボリューム、クリック数、リターンレートなど)は変わりません。
※注2:キーワードの難易度(KD)に関する解説は、以下本社ブログをご覧ください(英文)
https://ahrefs.com/blog/keyword-difficulty/

「料金とプラン」ページで現在申し込んでいる、またはお申し込みを検討されているプランの「SERP updates per month(月次のSERP更新)」項目にて、毎月の上限を確認してください。

※注:上限数は今後変更される可能性があります。本社公式サイトの「料金とプラン」ページをご覧ください。
https://ahrefs.com/ja/pricing

※注2:使いきれなかった「SERP updates」の回数は、翌月に持ち越されません。

また、「SERP updates」の残数は、キーワードエクスプローラーの画面右上から確認できます。

※ブラウザの別タブで画像を開くと、画像が拡大されます。

「SERP Updates」を使い果たした場合はどうなりますか?

「SERP Updates」の残数が無くなっても、引き続きキーワードエクスプローラーを使用できます。

唯一の違いは:残数が無くなった月は新しいSERPをリクエストできません。過去にキャッシュされたデータが表示されます。

ただし、キャッシュはできるだけ新鮮に保たれているため、人気の高い(つまり検索ボリュームが大きい)キーワードに対しては、新しいSERPが表示される可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*