Webサイトの構造を可視化!Ahrefsの新機能「サイトストラクチャー」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は、Ahrefsのユーザー向けに配信されたメーリングリストの翻訳です。


著者:Tim Soulo(Head of Marketing @ Ahrefs )

最近、サイト監査ツールに新しい機能が追加されました。🎉
これは「サイトストラクチャー」と呼ばれるものです。

サイトストラクチャーのレポートでできること

・Webサイトの構造を簡単に見渡すことができます。
・明らかにエラーがあるセクションを即座に視覚化します。

もっとクールなユースケースが欲しいですか?

・「Indexability(インデックス化可能)」を使用すると、インデックスのないページにリンクしている(つまり無駄になっている)ページをすばやく見つけることができます。 これらのページを削除または修正してください。

・「Depth(深さ)」を使用すると、ホームページ(サイトトップ)からホップが多すぎるページを見つけることができます。 これは、あなたのサイトの内部リンクが「深すぎる」ことを意味するものです。

・「HTTP status code(HTTPステータスコード)」を使用すると、内部リンクのある3xxページと4xxページを即座に見つけられます。 これらのリンクを削除または修正してください!

これら以外にも、たくさんのユースケースがあります。

サイトストラクチャーのレポートをお試しいただき、自分のサイトで解決すべき問題を見つけてみましょう😉

ご質問やご意見がありましたら、Ahrefs本社へお知らせください😊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*