SEO研究

YouTube検索ランキングトップ100(2018年現在)

この記事は、Ahrefs.comブログの日本語訳です。

原文:Top YouTube Searches (as of 2018)

(Joshua Hardwick / November 29, 2018)

あなたは今まで、人々がYouTubeで何を検索しているのか疑問に思いましたか?

今日は、新しいデータを皆さんと共有できることにワクワクしています。

  • TOP100のYouTube検索(米国)- 米国で最も人気のあるYouTube検索のリスト。
  • トップ100のYouTube検索(全世界) – 同じデータですが、米国外のデータを世界規模の検索ボリュームで表示するように設定されています。

しかし、まず最初にいくつかのニュースがあります。

私たちAhrefsは、キーワードエクスプローラーにてBingのキーワードデータをすぐに追加するだけでなく(Bingのトップ検索リストで発表されているように)、YouTubeとAmazonの検索ボリュームと指標も追加する予定です。

これが、AhrefsのキーワードエクスプローラーでYouTubeを検索した時のプレビューです。



AhrefsのキーワードエクスプローラーでYouTubeのデータをプレビュー – 近日公開予定

そのため、どのプランでも基本的にはキーワードエクスプローラーを使用して、すべての主要な検索エンジン – Google、Bing、Amazon、YouTubeのキーワード統計情報を表示できるようになります。

サイドノート:Googleで何を最も検索しているのか知りたいですか?これがGoogleのトップ検索です。

それでは、これ以上の手間をかけずに、猫の動画が本当にどれほど人気があるか調べてみましょう。

米国でのYouTubeの検索クエリトップ100

楽曲やミュージシャンの検索クエリがこのリストを支配していることは明らかですね。



※原文では、グラフをキーワード順にソートできます。

実際、上位100件の検索のほぼ1/3が音楽関連です。Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)がどれほど人気が​​あるか疑問に思ったことがあるなら、もう疑う必要はありません。

Despacito(※1)に対しては毎月5.48Mと驚くほどの検索が、Justin Bieberに対しては、さらに毎月約157万回の検索があります。

※1:デスパシート。元々はJustin Bieberの曲ではありませんでしたが、彼がフィーチャリングとして参加したリミックスのリリース後に、人気が急上昇した曲です。

ですから、Despacitoの公式ビデオ(リミックスではない原曲)が、58億回と言うYouTubeで過去に最も視聴されたビデオであることは驚かないでしょう。

註:リミックス版は、はるかに少ない視聴数です(およそ6億7500万)。

その観点から言えば、YouTubeで10億回もの視聴を記録した最初のビデオであるGangnam Style(2012年公開)は2018年現在、わずか32億回の視聴数までしか伸びていません。

音楽だけではありません……

上位10件の検索のうち6件が「ブランド」検索、つまりチャンネル名やYouTubeのパーソナリティを検索しているユーザーに気付くでしょう。

これはトップ10より下でも続く傾向であり、トップ100検索の内40%は特定のYouTubeのパーソナリティとチャンネルに対するものです。

ここには、私たちのデータによって分析した、最も人気のあるトップ10のYouTubeチャンネルと「有名人(セレブリティ)」リストがあります。



※原文では、グラフをキーワード順にソートできます。

これらの検索は、米国で毎月約5,086万件行われます。

興味深いことに、リストの内かなりの数がゲーミングブロガー(またはPewDiePieのように、チャンネルの個性を変えたゲーミングブロガー ※)で、YouTubeで2番目ぐらいの人気があるジャンルの「ゲームプレイビデオ」にきちんと触れています。

※:PewDiePie(ピューディパイ)は、スウェーデンのYouTuber。

これは、どういうわけかTop100リストに表れたゲーム関連クエリ(と、それぞれの検索ボリューム)の一覧です。



※原文では、グラフをキーワード順にソートできます。

私自身、これらのチャンネルをいくつか見てきたので、ライブゲームビデオ(ゲーム実況) – 別名「“let’s plays”(遊ぼう)」 – は非常に人気があるようです。そのようなビデオはあまり知らないですか?

これが、私たちが作成したリストの中で最も人気のあるYouTubersの1人 – jacksepticeye(ジャックセプティスアイ)から再生しようとしている、最も人気のあるビデオの1つです。

※註:グランド・セフト・オート5の実況動画

ライブビデオと言えば、何百万人もの人々がYouTubeでテレビ番組のライブ配信を見ているようです。「CNN Live」、「Fox News Live」、そして単に「live」というクエリには、毎月何百万もの検索ボリュームがあります。

実際、ライブビデオは非常に人気があり、YouTubeは現在ライブストリーム専用チャンネルを持っています。

YouTubeで好まれて観られているのは、テレビ番組だけではありません。ジョン・オリバー、スティーブン・コルベール、ジミー・キンメル、ジミー・ファロン、そして他の多くの米国テレビパーソナリティーも、毎月何百万と検索されています。

要約すると、人々は娯楽を求めてYouTubeに集まるということです。

驚くことではありませんね。 しかし、驚くべきことは米国のYouTube検索トップ100リストの検索クエリは、どれも猫とは何の関係もありません。

私は猫が大好きだから残念なことです;)

※註:以下の動画はGregory Brothers (グレゴリー・ブラザーズ)の曲に、色々な猫のおもしろ動画やネットミームを繋いだMADです。

それでは、米国の統計が世界全体の統計と、どのように比較されるかを見てみましょう。

世界のトップ100のYouTube検索クエリ

Despacitoという歌に、不健康なほどこだわりを持っているのは米国だけではなく、毎月の検索数は世界中では7900万回に達しています。平均して1秒間に30回以上の検索です。



※原文では、グラフをキーワード順にソートできます。

そして、DespacitoがYouTube(を見ている人)の見解をかき立てる唯一の歌ではありません。

アーティスト、バンド、楽曲に関する検索クエリは、世界のYouTube検索クエリトップ100のうち、驚くことに65件(約2/3)も存在しています。

米国のみのトップ100リストと比較して、世界各国ではYouTubeが音楽を聞くためのプラットフォームとしてはるかに多く使われているようです。

彼らは他に何を聞いているのでしょう?Ed Sheeran(エド・シーラン)、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)、Coldplay(コールドプレイ)、 そしてもちろん、韓国の男性グループBTS(防弾少年団)です。

BTSを聞いたことはありませんか?聞きましょう;)

※註:BTS-「DNA」のオフィシャルビデオです。

また、「ブランド」検索(つまり、YouTubeで個性を付けるためのハッシュタグ)も、世界的にはとても少ないです。上位10件の検索クエリの中で、1件だけがブランド設定されているクエリです。

これは、上位10件の検索の半分以上がブランド検索で占められている米国のリストとは、かなり対照的です。

ASMRビデオは世界中で人気があるようです。

ASMRビデオをご存知ないですか?あなたはご馳走を求めるでしょう… #DontJudge(判断するな、のハッシュタグ。発言や写真に対して、決めつけや思い込みをして欲しくない時などに使われやすい。)

※註:ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)は、「脳がとろけそうなほど気持ちいい音や動画」のこと。人によっては不快に感じるものもあるため、閲覧は自己責任で。

そしてこれはどうでしょう。

YouTubeで「Youtube」と検索する回数は、ええと…毎月132万回もあります。 #GoFigure(何故なのか、不思議だ、と言ったニュアンスのハッシュタグ)

サイドノート:Googleの検索でも同様のことが分かります。Googleでは、毎月何百万回も「Google」と検索されています。非常に奇妙ですね。

訳者註:原文のコメント欄でも言及されていますが、この現象はブラウザのツールバーでGoogleと入力し、Google.comの「メインページ」に行きたい人が多いために発生しています。

Ahrefsのキーワードエクスプローラーに、もうすぐYouTube分析完全版が登場します!

この記事を見ている人の中には、Ahrefsにキーワードエクスプローラーというツールがあることは既にご存知かもしれません。

これを使うと、任意のシードキーワード(「Xbox」など)を入力することで、Googleで毎月検索されている回数を高精度に確認できます。

さまざまなレポートを使用して、大量の関連キーワード候補を見つけることもできます。

残念ながら、YouTubeでも同じような分析をできるツールは知られていません。これは、ビデオマーケティング担当者にとって大きな打撃となります。

そこで、私達はそれを作ることにしました。

こちらのキャプチャで「のぞき見」してみましょう。


AhrefsのキーワードエクスプローラーでYouTubeのデータをプレビュー – 近日公開予定

YouTubeの推定検索ボリューム(米国およびその他の国々)、クリック数、検索の傾向を時系列で表示します。

左側のメニューにあるさまざまなレポートを使用して、YouTubeのキーワード候補を生成することもできます。

2019年初頭に、このツールを開始する予定です。

乞うご期待! :)

訳者註:2018年12月時点では、まだYoutubeデータの検索機能は実装されておりません。また、β版やデモはありません。

Joshua Hardwick

コンテンツ責任者@Ahrefs(または、わかりやすい英語で、私が公開するすべてのブログ投稿がEPICであることを確認する責任があります)。The SEO Projectファウンダー。

Googleで上位表示されるにはどれくらい時間がかかる?(Ahrefsによる研究)

この記事は、Ahrefs.comブログの日本語訳です。

原文:How long does it take to rank in Google? (A study by Ahrefs)
(Tim Soulo / February 6, 2017)

著者のページはこちら:
https://ahrefs.com/blog/author/tim-soulo/

クライアントのSEO施策を行っている場合、新しいクライアントは例外なく、この質問をしてくるでしょう。

「私のWebサイト(ページ)がGoogleで上位表示されるまで、どれくらいかかりますか?」

この質問に対する共通の回答は「時と場合による」としか言えません。クライアントWebサイトの強さ、競合の数や相手、SEOにかけられる予算、施策のスキルなど、考慮すべき変数が多すぎるからです。

しかし、Ahrefsでは、私たちが持っているペタバイト(※訳者註釈:250)にも及ぶ過去のランキングデータを選別して、「時と場合による」よりも明快なものとなり得る、定量的な回答を提供することにしました。

続きを読む

ロングテールSEOの真実:14億の検索キーワードを分析したレポートを公開

Ahrefs.comブログの日本語訳です。

原文: “What we learned about “Long Tail” by analyzing 1.4 Billion keywords”(/March 20, 2017)


検索キーワードの単語数が少ないと検索されやすく、単語数が多いほど検索されにくいという話をよく聞きますが、それは本当でしょうか?これまでのキーワード調査では「そういった傾向がある」などの曖昧な表現が目立つようです。

今回の記事ではAhrefsが持つ14億の検索キーワードデータの分析レポートから、ロングテールSEOのインサイトを共有します。

検索キーワードの単語数による分布

一般的にGoogleでは3単語以上で検索されることが多いと言われています。実際はどうなのでしょう?

とても興味深いデータですね!すべての検索キーワードのうち、1単語だけで検索している割合はわずか2.8%でした(米国)。

月間検索ボリューム毎のキーワード分布

次の円グラフはデータベース内のキーワードの月間平均検索ボリュームの分布です。

このグラフは「ロングテール」をまざまざと表しています。米国の検索キーワードのうち96.54%は月間検索ボリュームが50回未満でした。

検索キーワードの単語数と検索ボリューム

検索キーワードの単語数と検索ボリュームの関係を確認します。キーワードデータを月間検索ボリューム毎に8つに分類して、検索単語数との割合を調査しました。

検索キーワードの単語数と検索ボリュームとの間には明らかに強い相関関係があります。しかし同時に、ロングテールSEOの必須条件が単語数の多さではないことを示しています。

検索ボリュームが月間100万回以上(1M+)のキーワードのうち9.3%は3単語以上です。いくつか例をあげます(米国)。

  • star wars the force awakens (1,320,000)
  • martin luther king jr. day (990,000)
  • fantastic beasts and where to find them (721,000)
  • why is there a leap day? (646,000)
  • who invented the mechanical television (596,000)
  • rick and morty season 3 (567,000)
  • what day is mother’s day 2016? (513,000)

検索ボリュームが月間0〜19回のキーワードうち12.7%は2単語以下です。いくつか例をあげます(米国)。

  • am254
  • anii80
  • animacrack
  • schould
  • schpoology
  • rajajooga
  • rajaprasong
  • zipsnipcutter
  • zirkelmagier
  • zs2015

一般的にロングテールのキーワードは3単語以上と定義されています。

調査結果からも分かるように、単語数が多いキーワードの人気がないとは言えません。

検索単語数毎にグループ分けして検索ボリュームの合計を調査しました。

飛び抜けて高いパフォーマンスを持つグループはないようです。

ロングテール曲線

ロングテールSEOという言葉は、ロングテール曲線の「ロングテール」に由来します。14億のキーワードデータを基にしたロングテール曲線は次のようになります。

ロングテールの「ヘッド」部分には大きな検索ボリュームを持つビッグワードがあります。しかし、すべての検索の10%を占めることはほとんどありません。ロングテールの「テール」部分には検索ボリュームが非常に少ないニッチワード群が広がっています。ニッチワードはすべての検索の約40%を占めています。

このロングテールをグラフに表示すると見づらくなってしまうため、少し修正したグラフを作成しました。

ロングテールの活かし方

すべての検索のうち約40%が月間検索ボリューム50回未満のテールワード(ニッチワード)から発生しています。これをうまく活かしていく方法がないでしょうか?その方法をご紹介します!

「website traffic」と検索した結果の3位のページを見てください。

「website traffic」というキーワードの検索ボリュームは月間10,000回ほどです。検索結果が3位の場合の想定トラフィックを約10%とすると、最高でも月間1,000件のトラフィックしか期待できません。

しかしAhrefsのキーワードエクスプローラーを見ると、このページは月間で約7,000件のトラフィックが約600ものキーワードから発生しています。

これはロングテールが生み出す栄光のトラフィックです。

このページのURLサイトエクスプローラーに入れて、ランキングしているテールキーワードをすべて見てみましょう。

まるで人々が同じ質問のために幾百もの手法を編み出しているかのようです。Googleはそれを理解していて、様々な同質の意味を持つ検索クエリに対して同じページを見せています。

だからこそ、特定ページの検索トラフィックを個別のキーワードの検索ボリュームから正確に予測することはできません。上位表示しているページを調べて、テールワードから生まれているトラフィックを確認する必要があります。

競合サイトの分析にも同じことが言えます。

IncomeDiary.comのトラフィックに貢献しているキーワードリストを確認すると、「how do websites make money – ウェブサイトはどのように収益を上げるか」というキーワードの検索ボリュームは月間800件しかありません。あまり注目するキーワードではなさそうですね。

しかしオーガニック検索から最も多くのトラフィックを獲得している上位ページを確認すると、次のようになります。

このページはランキングしているテールワードの数がとても多いため、確度の高いターゲットから大量の検索トラフィックを集めています。

ロングテールSEOを前向きに検討する

上記の調査で得られたことのほとんどは驚くべきことではないかもしれません。ただ個別のキーワードの検索ボリュームに注目するあまり、ロングテールSEOのパワーを見過ごしている人が多いのではないでしょうか?(2010年のように)

ぜひロングテールのSEO戦略を練り直してみてください。

Tim Soulo

TimはAhrefsのマーケティングと製品開発担当者です。