Ahrefsの使い方:サイトエクスプローラー2.0_カレンダーレポートの使い方

サイトエクスプローラー2.0

この記事はAhrefs公式サイト内【Academy】内、【Ahrefsの使い方】のページの日本語訳です。
原文:How to use the Calendar report
※原文を確認するには、Ahrefsの登録が必要になります。
 原文ページ内には動画もございますので、もしアカウントをお持ちでない方は、無料登録できるAhrefs Webmaster Toolsを登録していただくことで、確認することができます。

カレンダー レポートを使用することによって、オーガニック キーワードの掲載順位、オーガニック ページ、参照ドメイン の日々の変化をカレンダー形式で視覚化することができます。

このページではレポートの実用的な使用例をいくつか紹介します。

オーガニックキーワードの掲載順位の変化をすべて確認する

[掲載順位] タブをクリックすると、オーガニック キーワードの掲載順位の変更の変化が表示されます。

たとえば、1 月 27 日の Ahrefs ブログには、約 2,918 件の新規または順位上昇ができたキーワードと、約 2,773 件の圏外または下落したという履歴がありました。

以下に、これらの動きの内訳を示します。詳しく見てみると、「アフィリエイト マーケティング」というキーワードの上位 10 件の検索クエリが入っていました。

カーソルを希望の期間にドラッグすることで、一度に複数の日を選択できます。

「さらに 10 件表示」または「さらに 100 件表示」をクリックすると、ランキングをさらに表示できます。

順位がつけられた新しいページをすべて表示する

[ページ] タブをクリックすると、上位 100 位内で少なくとも 1 つのキーワードで順位がつけら(新しくGoogle検索に掲載さ)れたすべての新しいページと、逆に順位が下がったページが表示されます。

ここで、9 月 15 日にトップ 100 内で同数のページが増減したことがわかります。

ここから、フィルターを使用して結果をさらに絞り込みます。

たとえば、失われたページに 1 ~ 3 の間の位置フィルターを追加すると、どのページが上位 3 位のランキング (トップ キーワードの場合)から下落してしまったのかを確認できます。

もしくは、どのページが SERP 機能を失ったかを確認することもできます。何が起こったのかを分析して、それぞれの変更を加えてランキングを戻すことができます。

結果を詳しく見てみると、自然検索から順位が落ちたページの大部分はドイツ語で記載されているブログのページだということがわかりました。

SEカレンダー-9の使い方
  • ・Google検索で上位表示されたい
  • ・Webサイトへのアクセスを増加させたい
  • ・お問い合わせのCVを向上、改善したい
  • ・自社でSEO施策をしていたが、効果がなかなか現れない

Ahrefsのオフィシャル紹介パートナーであるフルスピードは、上記のようにWebサイト改善をしたいと思っている方に向けて、SEOコンサルティングサービスを提供しています。

数多くのWebサイトの改善に従事しているコンサルタントが、お客様のWebサイトを調査し、改善方法をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

サイトエクスプローラー2.0
シェアする
AhrefsJapanをフォローする
Ahrefsブログ- 使えるSEO情報をお届け | SEOの被リンク分析・競合調査ツール
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました