サイト監査で「HTTPSからHTTPへのリダイレクト」の警告が出るのはどういうことですか?

ヘルプ/FAQ

※フルスピード注:この記事はAhrefsヘルプページの翻訳版です。2023年4月25日時点の情報となるため、最新バージョンとは内容が異なる場合があります。

また、説明をわかりやすくするため、一部注釈や強調表示を行っております。

最新情報については、Ahrefs社公式サイトのヘルプページをご確認ください。

Ahrefsのサイト監査でウェブサイトのクロールを実行すると、「内部ページ」メニューのレポートに「HTTPSからHTTPへのリダイレクト(HTTPS to HTTTP redirect)」の警告が表示される場合があります。

これは、お客様のウェブサイトにおいて、HTTPSプロトコルのページが、HTTPプロトコルのページにリダイレクトされていることを指しています。

なぜこの警告がSEOに重要なのか?

HTTPプロトコルは、訪問者とサイト間のデータの完全性と機密性を提供しないため、HTTPS URLをHTTP URLにリダイレクトすることは推奨されません。

HTTPSプロトコルは、ブラウザとウェブサイト間の情報を暗号化するため、安全性が高く、より良いと考えられています。

また、HTTPSを使用している場合、顧客はあなたのウェブサイトを信頼し、購入を完了する可能性が高くなります。

また、GoogleがHTTPSはランキングシグナルであると明言していることも念頭に置いてください。

どのような場合に、ページをHTTPSからHTTPにリダイレクトすべきでしょうか?

HTTPSからHTTPにリダイレクトする必要がある場面は、非常に少なく、ニッチです。

原則として、そのような方法でリダイレクトすることはお勧めしません。リダイレクト先のページが、 HTTPS プロトコルを使用していることを常に確認する必要があります。

関連

  • ・Google検索で上位表示されたい
  • ・Webサイトへのアクセスを増加させたい
  • ・お問い合わせのCVを向上、改善したい
  • ・自社でSEO施策をしていたが、効果がなかなか現れない

Ahrefsのオフィシャル紹介パートナーであるフルスピードは、上記のようにWebサイト改善をしたいと思っている方に向けて、SEOコンサルティングサービスを提供しています。

数多くのWebサイトの改善に従事しているコンサルタントが、お客様のWebサイトを調査し、改善方法をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

ヘルプ/FAQ
シェアする
AhrefsJapanをフォローする
Ahrefsブログ- 使えるSEO情報をお届け | SEOの被リンク分析・競合調査ツール
タイトルとURLをコピーしました