SEOにおけるポゴスティック: その正体と対処法

SEO

この記事はAhrefs公式ブログの日本語訳です。
原文:<Pogo-Sticking in SEO: What It Is & What to Do About It
(著者:<Mateusz Makosiewicz>/ 原文の最終更新日:<February 8, 2022>)
※フルスピード註:この記事は2022年2月8日時点の記載をもとに翻訳しています。Ahrefs公式ブログの記事は今後追記・再公開されることがありますことをご了承ください。

ポゴスティッキングとは、検索者が検索結果内のページ間を素早く行き来する状況を表す SEO 用語です。

これは一部のSEO担当者が懸念している状況だ。彼らは、このユーザーの行動が Google によって追跡され、その結果ウェブサイトがペナルティを受けることになると信じています。

しかし、Googleは実際にポゴスティッキングにペナルティを課しているのだろうか?そして、本当にそれを心配する必要がありますか?この記事では、次のことを学びます。

ポゴスティッキングとバウンス率の比較

まず、物事をもう少し明確にして、ポゴスティッキングと直帰率の線引きをしましょう。よく混同されているためです。

  • イントロで定義されているように、ポゴスティッキングとは、ユーザーがSERP (検索エンジンの結果ページ)からサイトに入り 、すぐにサイトを離れて SERP に戻ることです。
  • 直帰率とは、ユーザーが任意のソースからサイトにアクセスし、そのサイト上で何もアクション (リンクをクリックする、フォームに記入する、カートに商品を入れるなど) を実行しない場合の率です。したがって、誰かがこの記事を開いて全文を読み、他に何もせずに終了した場合、それは直帰としてカウントされます。 

推奨読書:直帰率とは何ですか? それを解釈して扱う方法

ポゴスティッキングの原因は何ですか?

ポゴスティッキングの原因は数多く考えられます。それらのすべてが貧弱なコンテンツや貧弱な UX (ユーザー エクスペリエンス) によって引き起こされるわけではないことに注意してください。

クリックベイトのコンテンツ

このシナリオでは、検索者は、過剰な約束と過小な提供を行うサイトにアクセスします。言い換えれば、検索者はクリックベイト コンテンツに遭遇します。

私たちは皆、ウェブ上でそのようなコンテンツを見たことがあるでしょう。「こんなことは決して信じられないだろう (…)」、「この 1 つのことを 6 週間続ければ (…)」、「彼らはダメだ」など、すぐにクリックしたことを後悔します。これを知っておいてほしい (…)」など。そして、そうなると、だまされたと感じて、SERP に「ポゴ」して戻ります。

例として、SEO は死んだという意見についてインターネットで何と言われているかを確認したいと仮定しましょう。次のようなものに遭遇します。

さて、それでは「新しいSEO」について学びましょう。

つまりSEOは死んだようだ。これは大きなニュースのように聞こえます。そして、このサイトでは「古い SEO」に関する 10 ステップ コースの代わりに、「新しい SEO」に関する 5 ステップ コースを提供しています。しかし驚いたことに、結局のところ、「古い SEO」はそれほど死んだわけではないことがわかります。

それはクリックベイトです。できるだけ早く立ち去り、二度と戻ってこないようにしたいと思うでしょう。

埋もれた情報またはロックされた情報

言い換えれば、実際には情報が存在するとしても、検索者は探しているものを見つけることができません。問題は、情報が大量のテキストに埋もれているか、わかりにくい言葉で隠されているか、一部のユーザーが利用できないことです。

ここに例を示します。このスクリーンショットは、「ターボチャージャーの故障症状」のトップ結果の 1 つである Web ページからのものです。おそらく有効な情報のテキストの壁があります。しかし、症状については言及されていません。

そうですね、私たちが知りたい症状は実際には存在しますが、ページのかなり下の方にあります。症状に到達する前に、ターボの仕組みとターボ故障の原因のリストを読んでください。クエリに対する即時の解決策はないため、検索者は単純に SERP に戻って他のページを試します。

コンテンツがサインアップしたユーザーだけが利用できる場合、または「電子メール ウォール」の内側に置かれている場合にも、同様のことが起こります。ウェブサイトは優れており、検索者が必要とする情報を提供している可能性があります。しかし、すぐには利用できないため、検索者は SERP に戻ります。

劣悪なUX

このシナリオでは、検索者はサイトの見た目や動作にすぐにイライラ (または疑念) し、安全な SERP に戻ります。

例を見てみましょう。ここでは、Web サイトの読み込みが遅いだけでなく、非常に迷惑なインタースティシャル ポップアップも表示されます。

UX の低下は、次のようなさまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。

  • サイトの速度が遅い
  • 迷惑な広告
  • 内容を覆い隠す強引なサインアップフォーム
  • わかりにくいウェブサイトのレイアウト
  • ウェブサイトがモバイルデバイス用に最適化されていない

検索者はただブラウズしているだけです

ポゴスティッキングは、検索者が単にブラウジングしているときにも発生する可能性があります。特定のページに長く滞在するつもりはないかもしれません。インスピレーションを求めたり、価格を比較したり、先日見たサイトを思い出したりしている可能性があります。

検索者が注意を引きそうなものを探して素早く探し回ったからといって、これらのサイトにペナルティを与えるのは不合理です。

その他の理由

ポゴスティッキングを引き起こす可能性のあるシナリオの複雑さをさらに説明するために、この状況を考えてみましょう。冬には車のドアのシールに WD40 を塗って凍結を防ぐことができる、と誰かが言ったとします。論理的には、その情報を確認する必要があります。それでGoogleで調べてみます。

それで…ここで最良のアドバイスを提供しているウェブサイトはどれですか?

青いリンクの下の説明を読むだけで、検索者がさまざまな答えを得ていることがわかります。これはポゴスティッキングを「引き起こす」可能性がありますが、その理由は異なります。場合によっては、それは Google のせいである可能性もあります。

  • 検索者が最初の結果をクリックした場合、そのサイトはアザラシではなく凍結した車のロックに関するものであるため、おそらくかなり早く戻ってくるでしょう。彼らはSERPに戻ってくるかもしれませんが、それは間違いなくコンテンツのせいではありません。
  • 結果 #4 はどうでしょうか? シールの凍結を防ぐためにWD40を使用できると記載されています。ただし、あまり頻繁に行うべきではありません。これを見た後、検索者は SERP に戻り、その情報を確認するために別の結果を試す可能性があります。繰り返しますが、これはポゴスティッキングですが、ここで誰かにペナルティを与えるのは不公平です。
  • そして、検索者が最初に #6 をクリックした場合はどうでしょうか? おそらくそれは、最初に結果 #5 のスニペットを読んだからでしょう。6 番まで到達すれば、かなり早く答えが得られるでしょう。車のドアシールにWD40を貼らないでください(これがおそらくここでの正しい答えです)。その後、SERP に戻ってこの種の情報が含まれる別のサイトを見つけて再確認するか、新たな検索を実行することがあります。

ポゴスティッキングはランキング要素ですか?

さて、大きな質問ですが、ポゴスティッキングはランキング要素ですか? Tl;dr: ポゴスティッキングはほぼ間違いなく ランキング要素ではありません。数年前、John Mueller氏は Googleウェブマスター・セントラルのハングアウトでこのことを認め、次のように述べました。

私たちは検索に関してそのようなシグナルを使用しないように努めています。つまり、ユーザーが行ったり来たり、検索結果で別のものを見たり、ページに少しだけ滞在して再び戻ったりする理由はたくさんあります。これを調整して「これをランキング要素に変えることができるだろう」と言うのは非常に難しいと思います。

だから、そのようなことは気にしません。アルゴリズム全体を検討するとき、どのアルゴリズムの変更を開始するかを検討するとき、ユーザーがこれらの変更にどのように反応するかを検討します。しかし、それは私たちが何百万もの異なるクエリと何百万もの異なるページにわたって調べているものであり、一般的に、このアルゴリズムが正しい方向に進んでいるのか、それともこのアルゴリズムが正しい方向に進んでいるのかを確認するようなものです。

しかし、個々のページに関しては、それは焦点を当てる価値のあるものではないと思います。

ポゴスティッキングを心配する必要がありますか?

SEO の観点から見ると、必ずしもそうではありません。検索者がサイト間を移動する理由はさまざまであるため、Google がポゴスティッキングをランキング要素として扱っていないことはほぼ間違いありません。ですから、特に気にする必要はありません。

ビジネスの観点から見ると、検討すべき点かもしれません。ランキング要素かどうかに関係なく、おそらく読者に数秒以上滞在して、自分が提供する内容に興味を持ってもらいたいと考えているでしょう。

コンテンツをより魅力的なものにする方法

ここでは、読者を助けるのに役立つヒントをいくつか紹介します。

サイトの UX を修正します。モバイルでも

すべての Web サイトがデザイン コンテストに参加する必要があるわけではありません。読者に最高のエクスペリエンスを提供したい場合は、邪魔を最小限に抑えて物事をシンプルに保ちます。検索者が探しているコンテンツ以外のものはすべて、読書体験をサポートする必要があります。実際には、これは邪魔にならないようにする必要があることを意味します。

サイトの UX を改善する直接的な方法は、UI (ユーザー インターフェイス) を修正することです。以下にいくつかのアイデアを示します。

  • ポップアップを削除します ポップアップには、サインアップ フォーム、終了フォームなどが含まれます。レイアウトを変更するバナーについても同じことを行います。
  • Web サイトのレイアウトが明確で、一貫性があり、使いやすいものであることを確認してください これは、Web サイトのナビゲーションに特に当てはまります。美しくデザインされたサイトを持つことは素晴らしいことです。しかし、実用的な目的を果たさない要素によってユーザーの認知能力に過負荷をかけないことがより重要です。
  • ウェブサイトをモバイル デバイス向けに最適化する– モバイル デバイスからのウェブサイト トラフィックが50% 強を占めます。さらに、Google は Web サイトのモバイル バージョンに基づいてコンテンツをインデックス付けし、ランク付けします (モバイル ファースト インデックス付け)。

サイトを高速に保つ

明らかに、サイトが読み込まれるまで待ちたくない人はいません。しかし、もっと重要なことは、読み込みに時間がかかりすぎたり、サイト全体が遅かったりすると、そのまま離れてしまう人もいるということです。コンテンツをより速く提供する競合他社がいる場合、遅いページを避ける人もいるでしょう。そして、この競争では一秒一秒が重要です

さらに、コンテンツをSERPで上位にランク付けしたい場合は、できるだけ早くユーザーにコンテンツを提供する必要があります。それは、Google のランキング要素の1 つが サイトの速度だからです。

PageSpeed Insightsなどのサービスを使用して、Web ページの読み込み時間を確認できます。

複数の Web ページを大規模にチェックするには (サードパーティの Web サイトも含めて)、Ahrefs の Site Auditを使用できます。最初のバイトまでの時間などの指標を表示するだけでなく、Core Web Vitals  (Google の PageSpeed Insights API 経由) もサポートしています。

青色の数字は、レポートに表示されるカテゴリに分類されるページを示します。これらの数字をクリックすると、追加データを含むページが表示されるレポートが表示されます。

参考文献

逆ピラミッド法を使用する

逆ピラミッドは、「知っておくとよいこと」よりも「知る必要があること」を優先する、実証済みのジャーナリズム手法です。このルールに従うことで、読者は情報をより早く見つけることができます。これは、以前に説明したターボチャージャーの故障症状に関する Web サイトに確かに役立ちます。

たとえば、検索者が主に定義を探しているキーワードをターゲットにしている場合は、おそらくそのキーワードでリードしたいと思うでしょう。

これが、検索の可視性に関する記事で私たちが行ったことです。 

明確な書式設定と視覚的要素を使用する

テキストの壁を好む人はいません。特に、ほとんどの人がコンテンツを流し読みするオンラインではなおさらです。コンテンツを理解しやすくするには、次のベスト プラクティスを使用してください。

  • 1 行あたり 85 文字以内に収めてください
  • 段落を 3 ~ 4 文に制限する
  • リストと箇条書きを使用してテキストのブロックを分割する
  • 読みやすいフォントを使用する
  • 背景と対照的なフォントの色を使用する

また、特に教育コンテンツでは、視覚的な要素を使用して、関連するテキストを分割することも検討する必要があります。実際、ある研究では 、テキストとイラスト付きの指示に従う人は、イラストなしの指示に従う人よりも 323% 優れた成績を収めていることがわかりました。

具体的に説明すると、以下の記事のどちらのバージョンが読者の注目を集める可能性が高いでしょうか? グラフがあるもの、ないもの?

以下は、コンテンツを流し読みして理解しやすくしながら、ビジュアルで読者の注意を引く方法のもう 1 つの優れた例です。この記事の形式が、インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の違いを伝えるというその機能にどのように準拠しているかに注目してください。

関連する内部リンクを使用する

一部の検索クエリは、単一の問題を迅速に解決することを目的としています。また、複雑なトピックに関する学習の旅の始まりとなるものもあります。そして通常、単一のコンテンツでそのようなトピックをカバーすることはできません。このような種類のクエリの場合、一連のコンテンツを作成し、それを相互リンクしてユーザーを正しい方向に導くことができます。

たとえば、スタートアップ向けの SEOに関するこのガイドは 4,500 ワードを超えています。ただし、これはかなり長いコンテンツ形式ではありますが、このトピックについて知っておくべきことをすべて説明することはできません。ただし、キーワード調査や技術的な SEO など、SEO の特定の問題を詳細に説明する記事にリンクすることはできます。

Ahrefs ウェブマスター ツールを使用すると、内部リンクの機会を見つけるプロセスを大幅に無料で自動化できます。サインアップし、 Site Auditでサイトをクロールし、内部リンクの機会 レポートに移動するだけです。これにより、サイト全体で関連する内部リンクの機会が表示されます。

たとえば、以下のスクリーンショットでは、最高のランク トラッカーに関する投稿の「キーワード リサーチ」という単語を、無料のキーワード リサーチ ツールに関する投稿にリンクする機会があることがわかります。

参考文献

EATをデモンストレーションする

E‑AT は、専門知識、権威性、信頼性を表します。これは、Google の検索品質評価者ガイドラインに基づいており、人間の品質評価者が Google の検索結果の品質を評価するために使用する文書です。

EAT は SEO の世界の概念です。しかし、コンテンツに関しては、専門知識、権威性、信頼性を実証することが常に良い考えとなります。これは、コンテンツが読む (または見る) 価値があるというユーザーへのシグナルです。コンテンツがお金、健康、安全などの YMYL (Your Money or Your Life) トピックを中心に展開している場合は、さらに重要です。

しかし、EAT を正確に実証するとはどういう意味でしょうか?

  • 専門知識とは 、特定の分野で高度な知識やスキルを持っていることを意味します。言い換えれば、対象分野の専門家によって作成されたコンテンツを指します。それを実証したい場合は、 専門家にコンテンツを作成してもらいます。彼らを雇うことも、彼らのことをよく知っている人からのゲスト投稿を受け入れることもできます。
  • 権威とは、特に業界の他の専門家や影響力のある人の間での評判に関係します。これを行うには、資格情報を表示する以外に方法はありません。職業上の経験、学歴、有名な会議での講演などを考えてみましょう。
  • 信頼性とは、Web サイトとそのコンテンツの正当性、透明性、正確性を指します。簡単に言えば、事実を確認し、コンテンツを最新の状態に保つ必要があります。

私の言いたいことを説明すると、「お腹が痛いときはどうすればいいですか?」という質問に対して、これらのページのどちらがより適切な情報源となるでしょうか。上の方ですか、下の方ですか?

EAT を実証するためにできることは、優れたコンテンツ作成方法よりも SEO に関連したものがいくつかあります。さらに詳しく知りたい場合は、 EAT とそれが SEO にとって重要な理由に関する記事をご覧ください。         

コンテンツを最新の状態に保つ

一部のクエリでは、他のクエリよりも鮮度が重要です。結局のところ、今年の最高のヘッドフォンが手に入るのに、2011 年の最高のヘッドフォンを欲しがる人がいるでしょうか?

「最高のヘッドフォン」というクエリのスナップショット。ほとんどのタイトルには年が含まれていることに注意してください。

読者がそれを期待しているのであれば、毎年 (またはそれ以上の頻度で) コンテンツを更新して新鮮なコンテンツを提供することは良い考えです。この戦略は、デジタル トレンド誌が行っているのと同じように、毎年繰り返すことができます。

Digital Trends は、2016 年から毎年定期的にヘッドフォン ランキングを更新しています。

Ahrefs ではコンテンツも定期的に更新しています。ブログ投稿の 1 つを繰り返し更新した後のオーガニック トラフィックの急増を見てください。

参考文献

まとめ

SEO 上の理由からポゴスティッキングについて心配する必要はありません。Johnによれば、いわゆるポゴスティッキングはランキング要素ではないという。検索ユーザーが SERP と Web サイトの間を行ったり来たりする考えられる理由を考慮すると、彼の発言は完全に理にかなっています。

ユーザーにウェブサイトに長く滞在してもらいたい場合は、上記のヒントのいずれかを試して、コンテンツをより魅力的なものにしてください。これらのヒントの中には、SERP で上位にランクされるのに役立つものもあります。

質問がありますか? Twitter で私に連絡してください。

著者

Mateusz Makosiewicz

Ahrefs社のマーケティングリサーチャー兼教育者。Mateusz は、代理店、SaaS、ハードウェア ビジネスでマーケティングにおいて 10 年以上の経験を持っています。執筆以外のときは、音楽を作曲したり、長い散歩を楽しんだりしています。

Twitter Linked in

  • ・Google検索で上位表示されたい
  • ・Webサイトへのアクセスを増加させたい
  • ・お問い合わせのCVを向上、改善したい
  • ・自社でSEO施策をしていたが、効果がなかなか現れない

Ahrefsのオフィシャル紹介パートナーであるフルスピードは、上記のようにWebサイト改善をしたいと思っている方に向けて、SEOコンサルティングサービスを提供しています。

数多くのWebサイトの改善に従事しているコンサルタントが、お客様のWebサイトを調査し、改善方法をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

SEO
シェアする
AhrefsJapanをフォローする
Ahrefsブログ- 使えるSEO情報をお届け | SEOの被リンク分析・競合調査ツール

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました