Aherfsはどのプランを選ぶべき?料金と機能・違いの比較で迷いを解消

ヘルプ/FAQ

重要:当記事の内容は2024/1/16時点のものです。
最新情報は「Ahrefs社公式サイト|プランと料金」ページをご一読ください。
https://ahrefs.com/ja/pricing

こちらの記事は、Ahrefsのプランについて料金や機能、そのほかの違いを解説し、ご予算や用途に応じてどのプランがおすすめかご紹介しています。

主に、以下のご質問に対応しております。

  • Ahrefsの利用を検討されている
  • Ahrefsの料金やプランの違いを詳しく知りたい
  • レガシープラン(※)を利用していたが、Ahrefsから新プランへの移行を通知された
  • レガシープランから新プランへ、移行を検討している

フルスピード注:レガシープランとは、2022年3月18日以前のAhrefsで利用可能なプランを指します。レガシープランは将来的にサポート終了がアナウンス(終了時期未定)されています。

レガシープランのサポートが終了しますと、自動解約となり新プランの無料アカウントへ移行いたします。お手数をおかけしますが、新プランへの移行をご検討ください。

Ahrefsのプランについて

Ahrefsには、4つの有償サブスクリプションプランがあります。プランに応じて機能の制限やデータ取得量、データ取得期間などが異なります。

  • Ahrefsウェブマスターツール(制限つき:無料のサイトチェックツール)
  • ライトプラン(¥12,500 /月、¥125,000 /年)
  • スタンダードプラン(¥25,000 /月、¥250,000 /年)
  • アドバンスドプラン(¥50,000 /月、¥500,000 /年)
  • エンタープライズプラン(¥125,000 /月、¥1,250,000 /年)

プランごとに異なる部分については、次の項目で詳しくご紹介いたします。

Ahrefsプラン:詳細な違いについて

プランの違いをまとめた一覧表は以下となります。

詳細なプランごとの違いについては、以下の項目で詳しく解説いたします。

パワーユーザー:月間上限クレジット数の違い

Ahrefsは、1か月間に101クレジット以上を消費するユーザーを「パワーレベル」と定義します(小見出し”クレジットの仕組みについて” のリンクもご覧ください。)。パワーレベルのユーザー1名あたりで利用できるクレジットの上限は、プランによって異なります。

  • ライト:500クレジット / 月
  • スタンダード:600クレジット / 月
  • アドバンスド、エンタープライズ:750クレジット / 月

プラン月額には、1名分のパワーユーザーが予め含まれています。2人目以降のカジュアルユーザー、パワーユーザーから、追加費用がかかります。

クレジットの仕組みについて

クレジットの仕組みについては、以下の記事を必ずご確認ください。

Ahrefsの「1か月」とは

Ahrefs社の説明で言及される「1か月」とは、申込日を起点としてカウントされる30日間を指します。月初1日目~月末締めのサイクルではありません。

例:2024/1/20にAhrefsを申し込まれた場合、毎月20日が「1か月の1日目」であり、毎月19日が「1か月の最終日」となります。ただし、月により「1か月の最終日」が変動いたします(※)。

年額プランの場合も、1か月間の各種上限リセットは同じサイクルで行われます。

※ご注意:31日にAhrefsの申込みを完了した場合、30日間隔でAhrefs社のシステムにより、自動的に次回の支払日が決定します。この場合、1月開始分(1/31)、2月(2/28または2/29)、3月(3/31)…といった請求日ではなく、1/31→3/1→3/31または4/1と、30日間隔による月ズレが起こる場合があります。

正確な次回支払日はAhrefs社のシステムが決定するため、上記は見解であり、事前に具体的な日付を提示することはできません(株式会社フルスピードへのお問合せにつきましても、個別の次回支払日については回答しかねます)。

また、AhrefsのタイムゾーンはすべてUTCとなり、日本時間とは計算ズレが発生する可能性があります。

分析可能な期間の違い

Ahrefsは、プランによってデータ取得可能な期間に違いがあります。この期間は、すべてのコアツールに適用されます。

  • ライト:6か月前まで
  • スタンダード:2年前まで
  • アドバンスド:5年前まで
  • エンタープライズプラン:無制限(Ahrefsがデータ取得した日~現在まで)

レポートの表示行数 / エクスポート行数の違い

「レポート」とは、Ahrefsの各種ツールでURLやキーワードを入力し、分析結果がリスト形式で表示された画面を指します。「エクスポート」とは、それらのレポートをcsvまたはエクセル形式で出力することを指します。

Ahrefsはプランによって表示可能なレポート行数や、1回でエクスポート可能な行数の上限、1か月間の合計エクスポート行数の上限が異なります。

【1度に表示、エクスポート可能な行数の上限】

  • ライト:2,500行まで
  • スタンダード:30,000行まで
  • アドバンスド:75,000行まで
  • エンタープライズ:150,000行まで

【上限リセット日までの1か月間にエクスポート可能な、合計行数】

  • ライト:500,000行
  • スタンダード:1,500,000行
  • アドバンスド:4,000,000行
  • エンタープライズ:10,000,000行

コアツールの詳細機能の違い

コアツール(Core Tools)とは、Ahrefsのグローバルメニューにある以下の項目を指します。

  • ダッシュボード
  • サイトエクスプローラー
  • キーワードエクスプローラー
  • コンテンツエクスプローラー
  • ウェブエクスプローラー
  • ランクトラッカー
  • サイト監査
  • 「more」※項目の一部は、ツールではなくコンテンツも含まれます。

Ahrefsの画面では、以下のような見え方となります。

これらのツールには、プランに応じて追加機能(function)が付与されています。追加機能(function)は月額/年額の中に含まれるため、別途費用はかかりません。詳細については、以下のスクリーンショットをご覧ください。

※出典:Ahrefs社公式サイト|プランと料金

ツール機能の拡張(アドオン)費用

「コアツール」の機能を拡張する有償アドオンです。2024/01/16時点では、ランクトラッカーの順位計測頻度を週次から日次更新にアップグレードするアドオンがあります。こちらはプランごとにアップグレード費用が異なります。※アップグレード後は、毎月アドオン費用がかかります。

【ランクトラッカー:順位計測頻度のアップグレード費用】

  • ライト:¥11,600 /月
  • スタンダード:¥17,300 /月
  • アドバンスド:¥23,100 /月
  • エンタープライズ:¥28,800 /月

Ahrefsのプランに共通すること

この項目ではAWTを除いた、Ahrefsの全プランに共通することをご説明しています。利用人数、提供データ、クレジットの追加購入、ユーザー追加で発生する費用などは、全プラン共通の設定、追加費用、追加量となります。

利用人数

Ahrefsは、全てのプランに「1名分のパワーユーザー」アカウントが月額に含まれます。また、同時ログイン人数は全プラン共通で1名(1メールアドレス)のみとなります。複数名でのご利用は、どのプランであっても別途ユーザー追加(有償)が必要となります。

※レガシープランのアドバンスド、エージェンシープランのように、1つのメールアドレスで3~5名が同時ログインする、という使い方はできません。

アカウントアクセス

Ahresfのお申込みを完了して登録者となるには、有効なメールアドレスとその他入力フォーム等で要求された情報を入力する必要があります。アカウント登録は、人間が行う必要があります。「BOT」または、その他の自動化された方法で登録されたアカウントは、許可されません。お客様のログインは、1人のユーザーのみが使用できます。単一のログイン情報を複数のユーザーが共有することはできません。

出典:Ahrefs利用規約|Account Access 項目

提供データ

すべてのプランで、Ahrefsのデータベースからさまざまなデータを取得可能です。プランごとにデータの精度や取得可能な指標に違いはありません。(無料のAWTは制限があります)。

「Ahrefs提供プランの違いー分析可能な期間」の項目でご説明した通り、データの取得期間はプランによって異なります。Ahrefsの収集データについては、Ahrefs社公式サイト「私たちのデータ」をご確認ください。

クレジットとユーザーの追加費用

2024/01/16時点では、従量課金の費用は全プランで同じとなっています。

ご注意:今後、Ahrefs社にて変更される可能性があります。また、当記事で記載してる金額はAherfsの月額/年額プランと同様、日本国の消費税はかけられていません(2024/01/16時点では非課税)。

Ahrefsが2024/1/25時点で消費税を徴収している国・地域については、公式ヘルプをご確認ください。

以下は、プランにあらかじめ含まれるパワーレベルユーザー1名に付与されるクレジットの量、追加ユーザーにかかる費用、分析ごとに消費するクレジットを追加購入した場合の費用をまとめた図となります。

テキストでのご説明は、以下の通りです。

【月額プランの場合】

※クレジットは、お申込み日を起点として毎月同日に消費量がリセットされます。

  • ユーザーの追加費用・非アクティブ:無料(全プラン共通:0~5クレジット / 月)
  • ユーザーの追加費用・カジュアルレベル:2,400円(全プラン共通:6~100クレジット / 月)
  • ユーザーの追加費用・パワーレベル:5,900円 / 月(ライトプラン:101~500クレジット、スタンダードプラン:101~600クレジット、アドバンスド、エンタープライズプラン:101~750クレジット)
【年額プランの場合】

※クレジットの消費量リセットは毎年同月同日ではなく、毎月のお申込み日と同じ日に行われます。

  • ユーザーの追加費用・非アクティブ:無料
  • ユーザーの追加費用・カジュアル:24,000円 / 年
  • ユーザーの追加費用・パワー:59,000円 / 年
【そのほかの従量課金:月額プラン】
  • ユーザー間で共同消費する追加クレジット:4,100円(500クレジット単位 / 月)
  • エクスポート行の追加購入:5,900円(100万行単位 / 月)
  • ランクトラッカーの計測キーワード追加購入:5,900円(500キーワード単位 / 月)
【そのほかの従量課金:年額プラン】

ご注意:年間プランの場合、従量課金は「年額プランの10%」が積み上げられたタイミングで引き落としが発生します。※例:スタンダードプラン年額の場合、250,000円の10%にあたる25,000分の従量課金が別途積み上げられたタイミングに引き落とし。

以下のリストは、プリペイドで先に年間分を購入した場合の金額です。

  • ユーザー間で共同消費する追加クレジット:41,000円 / 年
  • エクスポート行の追加購入:41,000円 / 年
  • ランクトラッカーの計測キーワード追加購入:59,000円 / 年

Ahrefsのプランを選ぶポイント

Ahrefsを導入される方向けに、プランの選び方をご紹介いたします。用途・目的に応じてご検討ください。

なるべく料金を抑えてAhrefsを使いたい

まずはライトプランがおすすめです。

有償サブスクリプションを導入される前に無料のAWTアカウントを作成し、操作性やUIを把握した上でライトプランへのアップグレードを検討されることもおすすめします。※Ahrefsの機能すべてを確認できるデモ、トライアルはありません。

また、ユーザー追加や従量課金はお申込み時にすべて無効化し、意図しない追加費用を抑えるように設定ください。

Ahrefsの機能を一通り使ってみたい

スタンダードプランがおすすめです。Ahrefsのコアツールが持つ機能、各種レポートは、スタンダードプランですべてご利用いただけます。

※レポート表示数やエクスポート数を増加されたい場合は、アドバンスドプラン以上をおすすめいたします。

コンテンツエクスプローラーを使いたい

スタンダードプラン以上がおすすめです。

Ahrefs紹介サイトのブログでも、コンテンツエクスプローラーを使ったSEO、WEBマーケティング施策のアイデアを解説する記事を多数翻訳公開しております。

関連記事

長期間にわたるデータ取得や分析をしたい

アドバンスドプラン(5年前まで)、またはエンタープライズプラン(取得期間の制限なし)がおすすめです。

長く運営されているご自身のウェブサイトを分析できるだけでなく、老舗の競合サイト分析や、キーワード候補の長期的なトレンド把握などに活用いただけます。

できるだけ多くのデータを表示・取得したい

アドバンスドプラン以上(一度に75,000行までエクスポート可能、月間合計4,000,000行)がおすすめです。

Looker StudioとAhrefsを繋いだレポートを作りたい

アドバンスドプラン以上で、Looker StudioとAhrefsを連携させることが可能です。※ライトプラン、スタンダードプランでは連携できません。

Ahrefsのログイン状態を保持した状態で以下のページにアクセスし、「データソースの作成」または「チェックレポートテンプレート」のボタンをクリックしてください。

Ahrefs APIを使いたい

エンタープライズプランでのみ、Ahrefs APIが提供されています。

エンタープライズプランの月額/年額にはあらかじめAhrefs APIユニットが200万ユニット含まれており、この範囲内のご利用であれば追加費用はかかりません。※APIユニットの消費単位は50ごととなります。

Ahrefs APIのドキュメントは、以下をご確認ください。※英文

Ahrefsのプラン選びでご相談いただくことの多い質問

用途や状況に応じて、おすすめのAhrefsプランやユーザー / クレジットの追加購入方法をご提案しています。ご参考となれば幸いです。

レガシープランから新プランに切り替えたい

2022/3/18以前からAhrefsをお使いの場合、ご利用のプランはサポート終了が予告されている「レガシープラン」となります。また、2023年11月以降、Ahrefsから新プランへの移行を促されるメール通知があることを確認しております。

レガシープランでは、コアツールごとに月間の分析上限が設定されておりましたが、新プランではそれらの上限を統合し、一律でクレジットを消費する形式となりました。

特にサイトエクスプローラー、キーワードエクスプローラー、コンテンツエクスプローラーについてレガシープランと同程度の利用頻度・回数を継続される場合、新プランではクレジットを追加購入いただくことをおすすめしております。

関連記事:

Ahrefsでたくさん分析をするが、使う機能は限定される

主にサイトエクスプローラーやキーワードエクスプローラーを使い、そのほかの機能はあまり利用されない場合は、ライトプランまたはスタンダードプランをお申込みいただき、都度クレジットを追加購入いただくことをおすすめします。

ご注意:ライトプランはコンテンツエクスプローラーをご利用いただけません。また、コアツールの機能も制限されております。スタンダードプランのデータ取得期間は、2年前までとなります。

複数名で毎日Ahrefsを使いたいが、月額の予算は抑えたい

スタンダードプランをお申込みいただき、コアツールの全機能を利用できる状態でユーザーを追加することをおすすめいたします。特に利用頻度の高いユーザーは、パワーユーザーでの追加購入をおすすめいたします。

※スタンダードプランの場合、パワーユーザーは追加ユーザーでも月間600クレジットが付与されます。

Ahrefsの使い方を知ったうえでプランを検討したい

Ahrefsアカデミーにて、各機能の詳細が説明されています。※pdfなど書面の説明書はありません。

弊社紹介サイトのブログでも、随時Ahrefsアカデミー、チュートリアル記事を翻訳公開しております。

関連記事

  • ・Google検索で上位表示されたい
  • ・Webサイトへのアクセスを増加させたい
  • ・お問い合わせのCVを向上、改善したい
  • ・自社でSEO施策をしていたが、効果がなかなか現れない

Ahrefsのオフィシャル紹介パートナーであるフルスピードは、上記のようにWebサイト改善をしたいと思っている方に向けて、SEOコンサルティングサービスを提供しています。

数多くのWebサイトの改善に従事しているコンサルタントが、お客様のWebサイトを調査し、改善方法をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

ヘルプ/FAQ
シェアする
AhrefsJapanをフォローする
Ahrefsブログ- 使えるSEO情報をお届け | SEOの被リンク分析・競合調査ツール
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました