Googleアナリティクスでトラッキングすべきたった3つの指標

SEO

この記事はAhrefs公式ブログの日本語訳です。
原文:<The Only 3 Google Analytics Metrics You Need to Track
(著者:<Kayle Larkin>/ 原文の最終更新日:<March 8, 2022>)
※フルスピード註:この記事は2022年3月8日時点の記載をもとに翻訳しています。Ahrefs公式ブログの記事は今後追記・再公開されることがありますことをご了承ください。

Google アナリティクス は、ウェブサイト上のユーザーのトラフィックと行動に関する、獲得からコンバージョンに至るまでの大量のデータを収集します。

取得できるデータの量は膨大ですが、すべてをトラッキングする必要はありません。そうしようとすると、ウサギの穴に落ちてしまい、実際の結果は得られません。長期的な成長をトラッキングするために必要な指標は 3 つだけです。

ただし、その前に、メトリクスとは何かについて共通の認識を持っていることを確認しましょう。

Googleアナリティクスの指標とは何ですか?

メトリクスは、Web サイトの特定の側面がどのように実行されたかを示す定量的な測定値です。たとえば、特定のページが表示された回数や、特定のビデオが再生された回数などです。

指標はディメンションとは異なることに注意することが重要です。ディメンションは、メトリクスを測定する対象です。これは、単にユーザーを測定するのではなく、チャネル (ディメンション) ごとにユーザー (メトリクス) を測定できることを意味します。

追跡すべき 3 つの Google Analytics 指標

 Google アナリティクス (GA) では100 を超えるさまざまな指標が利用できますが、時間の経過に伴う成長のトラッキングに役立つ指標は 3 つだけです。

1. ユーザー

最も基本的なレベルでは、マーケティング活動がサイトの成長につながっているかどうかを知る必要があります。

ユーザーはまさにそのことを教えてくれます。GA のユーザー 指標は、一定期間内に Web サイトが獲得したユニーク訪問者数を示し、マーケティング活動がサイトの成長につながっているかどうかの概要を示します

すべてのユーザーをトラフィック ソース別に表示するには、[ライフ サイクル] > [獲得] > [トラフィック獲得] レポートを開き 、希望の日付範囲を設定します。

レポートには、セッションのデフォルトのチャネル グループが自動的に表示されます。デフォルトのチャネル グループは、GA によって定義され 、サイトまたはアプリに到達する新規ユーザーとリピーター ユーザーが利用するマーケティング チャネル です。

たとえば、以下のスクリーンショットは、2021 年第 4 四半期にオーガニック検索から 3,666 人のユーザーを受け入れたことを示しています。

トラフィックのソースを見つけるには、セッションのデフォルト チャネル グループの横にある青い「プラス」記号をクリックし、[セッション取得 ] > [セッション ソース] を選択することで、セカンダリ ディメンションを追加できます。

変化率を確認するには、比較期間を追加します。右上の日付範囲ドロップダウン矢印をクリックし、第 4 四半期のカスタム日付範囲 >比較 > 前の期間 (曜日に一致)を選択して、パフォーマンスを比較します。

どの比較期間を選択する必要があるかは、GA アカウントの古さ、ビジネスに季節性が影響しているかどうか、企業がマーケティング チャネルへの投資を初めて行うかどうかなど、さまざまな要因によって異なります。

この例では前期を選択しました。これは、サイトでは昨年 GA が設定されておらず、季節性が大きな役割を果たしていないためです。

以下のスクリーンショットは、全体的なユーザー数が 18.95% 減少していることを示していますが、Google/オーガニック検索は 2021 年第 3 四半期と比較して、2021 年第 4 四半期に 24.75% 増加しました。

2. ユーザーエンゲージメント

ユーザーがどこから来ているかがわかったので、次はユーザーがどのようなコンテンツに興味を持っているか、そして何がユーザーの注目を集めていないのかを理解する必要があります。

平均エンゲージメント時間は、 ユーザーのブラウザーでサイトにフォーカスがあった平均時間を示します。(つまり、ユーザーがそれを見ていた可能性が最も高いということです。)

サイト上のさまざまなページでこの指標を表示することで、どの記事をより多く書くべきか (エンゲージメント時間が最も長い記事)、どの記事にさらなる分析が必要か (エンゲージメント時間が短い記事) を知ることができます。

すべてのユーザーをトラフィック ソース別に表示するには、[ライフ サイクル] > [エンゲージメント] > [ページと画面] レポートを開き 、希望の日付範囲を設定します。

次に、このデータを分析対象のトラフィック ソースだけにセグメント化する必要があります。

Google をオーガニックにしましょう。ディメンションを追加するには、左上の [比較の追加] をクリックし、「セッション/ソース メディア」ディメンションを追加し、「google/オーガニック」ディメンション値を追加し、テキストの上にカーソルを置いて「x」をクリックして「すべてのユーザー」を削除します

ドロップダウン矢印を使用して、テーブル内でのデータの表示方法を変更できます。ページタイトルを表示したい場合は、「ページタイトル」を選択してください。または、URL を知りたい場合は、「ページパス + クエリ文字列と画面クラス」を選択します。

最後に、「平均エンゲージメント時間」列をクリックして、表を最高から最低の順に並べ替えます。

以下の例では、Google オーガニック検索ユーザーは、GA4 の ID 欠落エラーまたは無効な ID エラーの修正に関心を持っています。GA エラーの修正に関するコンテンツをさらに作成すると役立つ場合があります。

どのトピックが読者の共感を呼んでいるかがわかったので、それを Ahrefs のキーワード エクスプローラーに接続して 、人々が検索している類似のトピックを見つけます。

3. 変換

最も重要な指標はコンバージョンです。コンバージョンは、ビジネスの成功に貢献するユーザーのアクティビティです。

GA4 のコンバージョンは 、ユニバーサル アナリティクス (UA) の目標 と同じです。

GA4 でコンバージョン レポートを表示するには、[ライフ サイクル] > [エンゲージメント] > [コンバージョン レポート]を開きます。自動的にコンバージョンとしてマークされた収集されたイベントと、手動でコンバージョンとしてマークされたイベントが表示されます。

上の画像は、2020 年第 4 四半期と比較した 2021 年第 4 四半期のコンバージョンを示しています (曜日に一致)。「購入」をクリックするなど、青色のテキストをクリックすると、特定のコンバージョンにドリルダウンできます。

これで、購入元のマーケティング チャネルがわかりました。

サイドノート。クロスチャネル データドリブン アトリビューション (DDA) は、2021 年 11 月 1 日に導入されました。2021 年 11 月 1 日からのみ利用可能です。

基本的な指標を超えて

上記の 3 つの指標は、サイトの成長を長期的に追跡するのに最適ですが、それ以上のことはわかりません。

サイトに誰がアクセスしているか、サイトとどのようにやり取りしているか、パフォーマンスを向上させるために何ができるかについて詳しく知りたい場合は、達成しようとしている内容に関連して他の指標を分析する必要があります。

これらの指標のいくつかと、それらがどのように役立つかを見てみましょう。

1. 新規および再訪問者

新規ユーザーとリピーターを表示することで、どのチャネルが最もエンゲージメントの高いユーザーを引き込んでいるのか、顧客が最初の訪問と再訪問でコンバージョンに至る可能性が高いのかを理解できます。

新しいユーザーとは、初めて Web サイトにアクセスするユーザーです。GA は、誰かがサイト/アプリのユーザー ID またはデバイス ID を持っているかどうかを確認することでこれを追跡します。そうでない場合は、新規ユーザーとしてカウントされます。

新規ユーザーがどこから来たのかを知ることは、インバウンド マーケティング活動とコンバージョン ファネルの改善に役立つため、新規ユーザーを分析することが重要です。

再訪問ユーザーに注目することは、どの製品やコンテンツ ページが顧客を再訪問させているかをより深く理解するのに役立つため、重要です。

新規ユーザーとリピーター ユーザーを表示するには、GA4 で[ライフ サイクル] > [維持] レポートを開き 、比較の日付範囲を設定します。レポートには新規ユーザーが自動的に表示され、切り替えてリピーターを表示することもできます。

上の例では、新規ユーザーが 前の期間と比較して 181.7% 増加していることがわかります。

より堅牢なレポートを作成するには、 UA で[Audience] > [Behavior] > [New vs Returning] レポートを開く必要があります。

UA レポートには、新規訪問者と再訪問者といったユーザー タイプ別の獲得、行動、コンバージョン指標が表示されます。

上記のレポートでは、新規訪問者によるコンバージョンが増加していますが、再訪問者のコンバージョン率が高いことがわかります。

ここから、オーガニック トラフィックにセグメント化し 、二次ディメンションであるランディング ページを追加できます。これにより、新規ユーザーがどのオーガニック ランディング ページでコンバージョンを起こしているかを確認できるようになります。

ページを A/B テスト CTA (コールトゥアクション) に変換して識別するコンテンツのパターンが見つかる場合があります。

2. イベント

イベントは、ユーザーがサイト上で何をしているのかについての洞察を提供します。この情報は、A/B テストをより適切に行うために使用できます。

ユーザー イベント メトリクスを表示するには、GA4 で[ライフ サイクル] > [エンゲージメント] > [イベント レポート]を開きます。レポートには、自動的に収集されたイベントと追加した拡張測定イベントが表示されます。

現時点では、GA4 で入手できる情報は限られています。イベント名をクリックすると、国、セッション、ページの場所ごとのイベント数が表示されます。ただし、ページの場所タイルを開いてデータから有用なものを取得することはできません。

より堅牢なレポートを作成するには、UA を使用します。UA レポートでは、収益、トランザクション、および e コマース コンバージョン率データをイベント ラベルごとに表示できます。その方法は次のとおりです。

UAを開きます。[行動] > [イベント] > [トップ イベント レポート]をクリックしますすべてのイベント カテゴリの表が表示されます。イベント カテゴリは、Google タグ マネージャー (GTM) でのイベント バケットの設定方法によって異なります。

この例では、拡張 e コマースイベント カテゴリを選択します 。次に、イベントアクションが表示されます。イベント アクションは、ユーザーが何をしたかを教えてくれます。

この例では、ユーザーが「クイック ビュー」として選択したさまざまな製品をすべて知りたいため、「クイック ビュー クリック」をクリックします。

 もう 1 つのステップとして、イベント グラフの上、セグメント [すべてのユーザー]の下にある[エクスプローラー]というタブを見つけて、 [電子商取引] をクリックします。

現在、テーブルは「クイック ビュー」イベントをトリガーした製品ページを取得し、これらの特定の製品ページの e コマース コンバージョン率を表示しています。

ここからが実際に分析が始まります。ユーザーの行動がどのようにコンバージョンに貢献しているのか、あるいはコンバージョンに悪影響を及ぼしているのかを理解し始め、最終的には A/B テストを定義することができます。

3. ページビュー

ページビューは特定の Web ページが閲覧された回数を示しますが、それ自体はあまり役に立ちません。しかし、マーケティング チャネルごとに分割すると、パフォーマンスを向上させる方法がわかります。

ページビューを表示するには、[ライフ サイクル] > [エンゲージメント] > [ページと画面のレポート]を開きます。「比較を追加」をクリックし、google/organic の値を持つセッション ソース/メディア ディメンションを選択して、レポートを google/organic などのソース/メディアにフィルタリングします。

下にスクロールして、ページ タイトルの表を確認してください。ここには、平均エンゲージメント時間やユニーク ユーザー スクロールなどのビューとエンゲージメント指標が表示されます。

ページビューは多いものの、平均エンゲージメント時間やスクロール深度が低い場合は、人々が期待していたコンテンツではない可能性があります。読者の注意を引くために、これらの記事にある導入部分を書き直してみてください。

google/オーガニックの場合は、ページビューの多いページがターゲット キーワードのオーガニック検索でどの程度のパフォーマンスを発揮しているかを調査するとよいでしょう。

彼らが 2 位から 10 位にいる場合は、順位をいくつか上げるだけで、より多くのトラフィックを獲得できるため、そこに焦点を当てるのは良いことかもしれません。もちろん、URL を Ahrefs のランクトラッカーに接続することでランキングの順位を確認できます。

まとめ

GA は、非常に多くの数値と非常に多くの専門用語があるため、すぐに混乱してしまう可能性があります。

ただし、成功を追跡するには、この記事で共有するいくつかの重要な指標 (ユーザー、エンゲージメント、コンバージョン) に注目するだけで十分です。

質問がありますか? Twitter で私に連絡してください。

著者

Kayle Larkin

データドリブンSEMストラテジスト。分析を理解しやすく、すべてのビジネス オーナーがアクセスできるようにすることに専念しています。

ブログ Twitter Linked in

  • ・Google検索で上位表示されたい
  • ・Webサイトへのアクセスを増加させたい
  • ・お問い合わせのCVを向上、改善したい
  • ・自社でSEO施策をしていたが、効果がなかなか現れない

Ahrefsのオフィシャル紹介パートナーであるフルスピードは、上記のようにWebサイト改善をしたいと思っている方に向けて、SEOコンサルティングサービスを提供しています。

数多くのWebサイトの改善に従事しているコンサルタントが、お客様のWebサイトを調査し、改善方法をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

SEO
シェアする
AhrefsJapanをフォローする
Ahrefsブログ- 使えるSEO情報をお届け | SEOの被リンク分析・競合調査ツール

コメント

  1. ながいたかはし より:

    有益な情報ありがとうございます。
    1つ質問させてください。サイトの特定のアフィリエイトリンクをAさんがクリックしたときに、Aさんの地域やデバイス、何時何分にクリックしたかなども、イベント設定で知ることはできるんでしょうか?

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました